人間の肌が弱酸性というのは、某シャンプーのCMや化粧品のCMでお馴染みかもしれませんね。そのため、肌と同じ弱酸性の洗顔料が肌に優しいということで使っている人も多いと思います。それで肌トラブルが0、というのなら問題ないです。

 

しかし、いちご鼻で悩んでいるのなら弱酸性の洗顔料はおすすめできません。

確かに、弱酸性の洗顔料は肌に優しいです。というよりも、肌に優しすぎて、毛穴の汚れまで綺麗に落としきれないことが多いと言った方が正しいかもしれません。洗顔は何のために行いますか?肌の汚れを落とすためですよね。肌に刺激になりすぎるのも問題ですが、肌に優しすぎては落とすべき汚れさえも落とせないということになりかねません。

 

いちご鼻のように毛穴汚れが気になる人は、毛穴や角栓に効果的な先顔料を選ぶのがおすすめ。例えば、温熱効果のある洗顔料。

これは、肌に乗せた時にじんわり温まる熱の効果を利用して、毛穴を開かせる作用があります。毛穴を開かせることで、いちご鼻の毛穴の奥につまった汚れを落としやすくしているのです。温熱効果のあるものは、たいていは弱酸性ではありません。肌への影響が心配な人は、香料や防腐剤、パラベンなどの添加物が入っていないものを選ぶのがおすすめです。

 

 

洗浄力の高い洗顔料=肌に負担がかかる、というわけではありません。何を使っているかどうかなのです。
弱酸性だから肌にいいと信じているのに、いちご鼻がなかなか治らないという人は、思い切って先顔料をチェンジしてみるといいかもしれません。